忍者ブログ
ダメ人間の独り言
| Admin | Write | Comment |
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
COMMENT
[02/04 はま]
[01/28 それ]
[09/03 ハマダ王]
[08/23 それ]
[06/27 それ]
PROFILE
HN:
AYA
性別:
非公開
職業:
プリキュア
自己紹介:
その鎖骨に噛み付きたい
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
おこしやす
(●´ω`●)ゞエヘヘ
SEOPARTS
  • seo
I2I
TB
RSSって何ですか?
(  Д ) ゚ ゚
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

背中に・・・



背中って言うのは意外とアレです。
見えないが故に覚悟が出来ていない時があって、
あ、ちょっ・・・やだぁ・・・・・
的な、何とも言えない状態になります。

もう本当意味がわからない。
最近自分自身が謎で仕方ない。
簡潔に申し上げますと、完璧な変態です。
結局そこです。

うん、いいんだ。
ワタシ、変態。



小学生の時の卒業アルバムに将来の夢なんか書いてありましてね。
「将来は売れっ子のマンガ家になって大きな家に住む」
と書いていたあの子は今どうしているんだろう。
「売れっ子の」って自分で書いちゃうあたりが、とてもかわいらしかった。

現実を見ろ。
売れっ子って自分で決めることじゃないんだよ。
売れてなくたっていいじゃないか。
好きなことを職業にできるなんて幸せなことですよ。

そこをだね、欲を丸出しにしちゃって
「売れっ子」=「大金持ち」=「でかい家」って言う
図式ができちゃってるんですね。

そもそも目的はなんだ。家か。
マンガを描いて暮らしたいんじゃなくて、でかい家か。
小学生ってそんなもんですか。
夢がないね。


他の子の夢をみても、全てに金が絡んでた。
何だよ。どういう生活してるんだよ。
そんな時期から金に困ってたのか?と言いたいほど
多くの同級生が「大金持ち」だとか「いい暮らしがしたい」って書いてた。

夢って・・・なんだ?
誠意ってなんだね?って言っちゃいたくなる。

確かにお金があったらそれだけで叶う夢はあるかもしれないけど
目的が「お金」ってのが何か寂しい。

中には純粋に「警察官になって悪を正したい」だとか
「お花屋さんになりたい」だとか
「獣医さんになりたい」だとか
「可愛いお嫁さんになりたい」とか、本当にほほえましい夢もあった。

「公務員になりたい」って言う、
絶対親から何かしらの入れ知恵をされてるであろう子も見受けられたのは
何となく、現実味を帯びていて考えさせられた。


こうやって他人の昔の夢にいちゃもんを付けている私の夢は
「バイクに乗って世界一周したい」
だった。

その頃からか!!
そして世界とか、どんだけ地理が苦手なのかがわかる。

バイクで世界。
現実を見ろ。
目を覚ませ。

お金に関する夢じゃなかったけど12歳の少女の夢とは言いがたい。
まぁね、夢を見るのはいいことだ。
叶わないと知った時の落胆ぶりは夢の大きさに比例する。
熱烈に願った夢ほど、叶わなかった時に悔しい思いをするだろう。

ワタシ、今超悔しい。
世界は陸続きじゃないんだぜ・・・。


バイクに対する想いは小さい時からあった。
父がオフロードのバイクに乗っていたのもあったかもしれない。
私は当時、原付に乗る父しか見たことがなかった。
父がバイク好きなのを写真で知ったんだけど、とても感激した。

バイクに乗って飛んでる写真だった。

飛んでるって言うと語弊があるかもしれないけど、そう見えた。
超イカス。
父ちゃん、超イカス!!
その後も当時流行った(?)ナナハンを乗り回す父を見て
鳥肌がスタンディングオベーション。

あやも、これ、乗りたい・・・

絶対免許を取ってやると決めた小1の夏。
父と約束した。
日本の法律でバイクは16歳から免許が取れる。
あと10年。
10年後、私に免許をとらせてください。

父、快諾。

そりゃ自分の好きなもんだから、
娘がやりたいと言えば気持ちはわかるんだろう。
もう、私必死でしたよ。
早く大きくなりたくて。
バイクの後ろに乗って、何処までもいけると信じていた。

その結果、夢は世界一周。

なんて浅はかな夢だ。
今思い出しても恥ずかしい。
しかしできないことなんてないんだ。
やってやんぜ。


中学も卒業し、無事高校入学。
よく入れたと今でも思う。
その年の7月。
私は16歳になった。

父ちゃん!約束の16歳だ!!
バイクの免許を取りたいんだ!!!

父は首を縦に振った。

「お母さんに聞いてみろ」

ちょっと!!今いいって言ったじゃないか!!!!!
何でお母さんなんだ・・・
2人の約束じゃないか・・・・
所詮大蔵省には敵わないって言うことか・・・・・・il||li▄█▀█●il||li


私にはわかっていた。
母が断固反対すること。
わかっていながらも一応直談判。

敢え無く撃沈。

いや、わかってましたとも。
「高校生は勉強が仕事」
「大体学校が禁止でしょう?」
「女の子がバイクなんて・・・・」
「怪我したらどうするの?」


勉強はします!
校則が禁止でも法律じゃいいんだよ。校則<法律っすよ!
バイクに男も女も関係ない!!
怪我しても、死んでも好きなことやれるなら本望だ!!!




そんな理屈が通るはずもなく・・・
禁止令が出てしまいました。
こうなると父も言ってはくれない。
母がダメだといったらダメなんだ。

ものすごく落ち込んだ。
何でだ。
何がそんなに悪いんだ・・・

母は言った。
「卒業したら車の免許取ればいいでしょ?
そしたら原付も乗れるし」

原付なんてチャリンコじゃんか!!!
私が乗りたいのはでかいのだぁぁぁぁぁ!!!!


結局免許は取らせていただけず。
悔しくて仕方なかった。
そこで思いついた。

自分でとってしまえ。

学校ではバイト禁止だったが
長期休暇中の申請したバイトに限り許可が出る。
バイトだ。
働こう。

高1の春休み、クリーニング屋さんで短期のバイトを始めた。
給料が出たとき、私は発狂しそうだった。
初めて自力で社会に出てお金を得た。
その喜びはとても大きかった。

私はそのお金をPSソフトに変えた。
FFに激しくハマる。
クラウドに恋しちゃうほどに。

死ねばいいのに・・・
私なんて死ねばいい。
バイクのことなど頭からなかった。
だって雪積もってたんだもん。




うっかりやっちまったことに気づいた私は校則を破った。
スーパーでレジ打ちのバイトを始めた。
時に帰宅時間は22時を回ったが疲れることなんてなかった。
振り込まれるすずめの涙ほどの給料を確実に貯金。


・・・・・はせずに、その都度物に変えた。


もうね、この辺が腐ってる。
バカとしか言いようがないんだけどね。
スノボを買ったり、CD買ったり、
初めてブランド物の財布を買ったのもこの時。
「あやちゃんって援交してない?」って
同級生から言われるほどにお金を使った。
死ね!!このオバQが!!
ってその子に対して思ったけど、今考えると私が一番死ねばいいと思う。

結局卒業までバイトは続けたが、全てが交際費や物に変わった。
ほら、高校なんてさ、楽しい時期じゃん?
学校帰りに何か食べたり、カラオケ行ったり、服買ったり、
親からのお小遣いだけじゃ足りなかったんだよね。
言い訳すんな。

で、卒業間際。
誕生日が来ている子は3学期に教習所に通っていいことになっていたので
親との約束どおり、私は車の免許を取りに行きました。
「これからは車だよ」なんてさ、当時の熱い気持ちは何処へやらですよ。


一旦冷めた熱は戻らないと思いきや、私に転機が訪れます。
それがV-MAXとの出会いです。
就職してからV-MAXに乗っていた先輩と知り合い、
たまたま後ろに乗せてもらったとき、私は思い出しました。

こ れ だ 。

私がいつの日か夢見たバイク。
何故忘れていたんだ。
校則を破ってバイトしてまで手に入れたかったバイク。
今では何も残っていないが、まだ遅くはない。
幸い、寮に入っていたので親の目も届かない。
毎月給料だってもらえる。

行 く し か あ る ま い 。

親からは絶対禁止と言われたにも関わらず、私は教習所へ向かいます。
20歳の誕生日に。
教習1時間目で派手に転んで、
右腕が上がらなくなるほど痛んで大きな痣を作るも
私は負けなかった。
教習所の先生に、「大丈夫か・・・?」と言われ、
本当は泣きたいくらい痛いのに
「全然余裕っす!!」と答えて教習を続けた。

毎日仕事終わりに通って、一日二時間。
教習所の変なヘルメットが死ぬほど嫌だったが、免許には変えられない。
必死で頑張った。

教習を見に来てくれていたV-MAXの先輩。
こんなメットかぶってるのにやめてください!!と言ったが
先輩は毎日様子を見に来てくれた。
「がんばれよ。これに乗るんだろ?」
と、V-MAXにまたがらせてくれた。

もう、感涙。

写真まで撮ってくれててね。
教習中の。
死ぬほど恥ずかしいっての。


田舎の教習所だったため、大型自動二輪は取れなかったんだけど
意地と根性で中型免許が最短取得できた。
最後の教習が土曜日。
出た書類を免許センターにもって行かなければならない。
時間がない。
今、欲しい。
すぐ欲しい。

気づけば高速に乗っていた。

決めたらまっしぐら。
誰も私を止められなかった。
無事に免許を手にしたときのあの喜びは半端じゃなかった。

車の免許を取ったとき、絶対ゴールド免許にしてやると誓っていたが、
自動二輪が増えたせいでそこからのカウントになってしまい
5年のところがちょっと延びた。

でも全然気にならない。
バイクに乗れる。

親に黙ったまま、勝手にバイクも購入。
まだ大型をとってないから同じYAMAHAのビラーゴにした。
バックレストがたまらなくツボだった。


バレたのはそれから1年後くらい。
弟がバイクの免許を取りたいと、学校から親の承諾書をもってこいと言われ
親に打ち明けたのがきっかけだった。
たまたま帰省していた私は、どうなることかと様子を伺っていた。

「うん、いいよー」

って、ええええええええええええええ!!!!!!!!
私、あんだけ反対されたのに!?
あっさりオッケー???

だって、男の子だから。

もう、意味がわからん。
ものすごい理不尽な扱いだと思った。
羨ましい話だ・・・
男と言うだけで許されることがあるんだな。
思い知りました。

あんまり悔しいので言ってやりましたよ。
「って言うか免許取ったけどね!!!」

あの時のお母さんの顔。
してやったりじゃ!!この野郎!!
取ってしまえば文句も言えませんもん。
言わせません。
だって受講料だって自分で出したし。
何か問題でも?オホホホー




そうやって親の信頼を次々失っていくのでありました。
しかし夢には変えられない。
一歩夢に近づいた瞬間でした。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
naoko
大型のバイクは、大学の同期が一人とったかな、
男勝りの女の子だったけどw 普通体型の子だ
ったから、やっぱりバイクを起こすのが一番大
変だったようです。でも、あれに乗って学校に
颯爽とやってきたときは、格好良かったよww

小さいときの夢かぁ。あたし何だったっけな。
親の影響で「スター」とか言ってたっぽいな。
田舎のイベントではステージに立ち、学芸会で
は確実にコントをしていたお馬鹿でした^^;
中学になっておさまったけど、それでもまだ密
かにみんなでバラエティ番組のネタ合わせみた
いなのやってたなwwははは。でも、容姿・声
何をとっても、もともと表向きじゃないのよ。
だから裏方の方が好きかな^^
現実的には5,6歳頃から「高知へ行きたい」
って言ってました。幼稚園の年長さんの頃に父
の実家へ引っ越した私たち、両親は芝居をやり
たいという夢を捨てて家業を継いだかたちでし
た。決して私のせいではなかったと誰もがいい
ますが、あのときもし自分に発言力があったら
な、と悔やむことが未だにあります。でも、今
はみんなそれなりに幸せにやってると思うので
大きな傷ではないんだけどねw

援交を疑われるほどお金使ってた話はちょっと
うけたww それがFFに消えたことも^m^
いまや古いですが、PS2を仕事に就いて初めて
の給料で自分へのご褒美とかいって買い、もと
もとシューティングみたいに短いゲームしかや
らなかった私が初めて最後までやりきったのが
当時のFF7でした。今でこそ妙なポリゴンです
が、当時としてはグラフィックが綺麗というの
で人気でしたね。なんか懐かしいwティファい
いなあ、なんて思ってる反面ヴィンセントかっ
こよすぎだろーってただのミーハーでしたorz
ロールプレイングのように、コレまでの時間経
過とか歴史みたいなのが残っていくタイプのゲ
ームは感情的にも左右されやすいので、自分に
とっては考えものですが、FF7は良い意味で印
象に残っています^^PS2・・今は埃かぶった
菓子箱の中へ収納されてます@@なんだかなw
2008/06/17(Tue)18:12:16 編集
Re:無題
AYA
バイクを起こすのはコツがありましてね。
腕の力だけじゃ男の人でもキツいかと思います。
上半身をフルに活用しまして・・・
ってどうでもいいっすね。

昔からの憧れはやっぱり消えないものですね。
夢っていいよ。やっぱり。


ヴィンセントの格好よさはかなりのものでしたが
私は8のスコールにフォーリンラブでしたね。
7までは普通にどのキャラが格好いいとか
エアリスよりもティファだよな、とかその程度でしたけど
8になってからのグラフィックのよさは異常でした。
7まではPSでしたがCMでFF8を見て、
スコールのためにPS2買いましたもん。

あれは異常。
本気でスキになっちゃって、リノアが憎くて仕方なかった。
正直、当時の彼氏よりもスコールが好きでした。
最低です。私。

その後に知る初めてのMMOがシルクロードでしたが
ハマり具合は半端じゃなかったですね・・・
何ですか?あの2次元と3次元の絶妙なバランス。
そりゃ狂うっちゅー話ですよ。わっはっは。

現在はグラナドエスパダで毎日ニヤニヤしております。
アテさんが呆れてINしてくれません。
どうしたらいいですか?
2008/06/18(Wed) 16:03
無題
naoko
あたしも、初めてのMMOがシルクでした^^
グラナド~を詳しくは知りませんが、毎日ニヤ
ニヤって何だろうwww(笑)ノシ 
きわどい装備?ですり寄りながら、膝枕に誘っ
てみてはいかがでしょう。それとも、「裸でエ
アギターやってください」と頼んだ方がいいの
だろうか・・・現場のアテさんにお返ししまーす。
┃電柱┃_ ̄) ニヤ
2008/06/18(Wed)23:15:24 編集
Re:無題
AYA
際どい衣装が課金でしてね・・・
そこまでの余裕は御座いませんwww

裸でエアギターはかなり期待してるんですけどねぇ。
何処で公開するんだ?って話ですよねwwww
2008/06/19(Thu) 16:21
無題
atexi
しねーよバカ共w
2008/06/20(Fri)00:13:43 編集
Re:無題
AYA
いやんwそんなこと言っちゃってww

超期待してるんだけど。アタイ。
2008/06/20(Fri) 23:28
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[54] [53] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [44] [43] [42]

Copyright c GOING MY WAY2。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]